大規模修繕を神奈川で実施して

マンションの大規模修繕

マンションの大規模修繕バリアフリー空間に建物の耐用年数を延ばせるメリット

マンションの大規模修繕神奈川で実施することにしました。
10〜15年サイクルで行うのが好ましいとのことで、新築から15年後の実施となりました。
マンションは何もしなくても劣化していくもので、その機能を維持できなくなってきます。
資産価値の低下を防ぐためには修繕が必須であり、もし行わないと劣化が早くなると言います。
なるべく長期にわたって資産価値を維持したいと考えていましたし、業者さんに相談したところ工事はやったほうがいいと話していました。
費用対効果を考えるうえでも、工事をしておいたほうが最終的に出費は減ると話していました。
大規模修繕では外壁のクラックを補給する作業をしたのです。
ひび割れがあると雨水が侵入しやすくなり、ここから雨漏りが発生する可能性があるそうです。
建物は外壁から傷むとも言われていますので、外壁工事は欠かせないものでした。
ひび割れの補修をしたあとは、塗装で全面を塗り直してもらいました。
外壁塗装は外壁を守るために必須な工事であり、これを欠かしてしまうと短期間での劣化は避けられないとのことです。
少しでも長持ちさせたいと考えていましたので、この作業を避けることはできませんでした。
外壁塗装は費用対効果に優れた修繕とのことで、屋根塗装と匹敵するくらい重要だそうです。
もちろん屋上の防水補修や塗装などもやってもらいました。

【神奈川】横浜市小・中学大規模修繕基本方針策定へ(9/15) - 建通新聞 http://goo.gl/fb/Ou05j

— 横浜ニュース (@news_yokohama) 2010年9月17日

大規模修繕 神奈川HOME | 大規模修繕工事で数々の実績!神奈川県横浜市の伊勝